経過観察

定期的な経過観察の目的は、早期の治療がまだ可能な時期に、局所再発または遠隔転移を見つけることです。検査には、腫瘍部位の理学的検査に加えて、すべての再建部位の機能や起こりうる合併症の評価も含める必要があります。局所の画像診断や胸部X線またはCTも推奨されています。

欧州臨床腫瘍学会(ESMO)の治療指針によると、化学療法終了後のアフターケアの間隔は、最初の2年間は2~3カ月毎、3~4年目は2~4カ月毎、5~10年目は6カ月毎、そしてそれ以後は局所の治療やその他の要因に応じて6~12カ月毎にしなければなりません。

しかし、経過観察の間隔と同様に、検査の種類も腫瘍の種類や悪性度、そして実施された治療によって異なる可能性があります。

Leave a Comment





This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.